つくばそ・だ・ち

peyuri.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 14日

いつのまにか涼菓の季節

つくばに美味しい和菓子屋さんができました。本店は、下妻物語で有名なあの下妻市にあります。
翁屋は創業1771年、現在8代目です。ここの季節の和菓子、草もちや黄身時雨、お花を形どった練りきりなどなど・・・ とてもお上品な甘さとそれぞれの香りがあって美味しいのです。
残業続きでご無沙汰しているうちに涼菓の季節となっていました。

e0049697_2122067.jpg


e0049697_2124334.jpg


小豆を吉野葛で閉じ込めたとかいてあります。
葛にはなんともいえないまろやかな美味しさがあります。






e0049697_2162999.jpg
そして、これは翁屋さんの代表選手で松皮煎餅です。
茨城出身(石下町)で有名な歌人長塚節(土の作者)がこれをたいそう、気に入っていたそうです。正岡子規先生へのお土産にし、正岡先生も喜ばれたといわれている一品です。
[PR]

by pe-yuri | 2006-06-14 21:22 | 美味しいもの


<< またまた下妻~      つくばレッドメロン >>